たちばな社長のトレード日記

たちばな社長のトレード日記

トレードプランの組み立て方について。複数時間足を使ったチャート分析でどのようにシナリオを描いていくのか?(実践トレード結果part40)

トレードプランの組み立て方について。複数時間足を使ったチャート分析でどのようにシナリオを描いていくのか?(実践トレード結果part40)

2月12日のドル円相場では、下落トレンドで売りポジションを持っていたトレーダーの利益確定により日足陽線で終了しています。2月に入ってからドル円は約10円の大暴落で順張り派にとっては稼ぎやすい相場でしたね。

それでは2016年2月12日のTachibana流スキャルピング&デイトレ手法の結果です。

ダウ理論の環境認識でトレンド相場とレンジ相場の見極め方

2戦中1勝1敗 +4万9750円

前日の下落で30万円以上稼いでいたので、12日は積極的にトレードをせずにチャートの動きを見極める1日でした。今週は稼げない日と稼げる日で波がありましたが、最終的に1週間合計+92万3250円の利益となっています。

トレードプランの組み立て方について。

Tachibana流ロジックを実践している初心者の方からのご質問で、トレードプランの組み立て方についてメールを頂きました。その方には詳しくお返事を書いたのですが、ここでは簡単に解説しておきます。

まずトレードをする際には、1日のトレード戦略を朝のチャートで考えていきます。

その時に執行時間足(Tachibana流ロジックでは5分足)だけでチャート分析するのではなく、複数時間足で分析をしていきます。

日足⇒4時間足⇒1時間足の順番に分析をします。

分析する際のポイントとしては、
1、ダウ理論での高値・安値を意識したトレンド分析。
2、水平線を使ったサポートライン・レジスタンスライン。
3、ローソク足の形、パターンを意識した分析。

最低でも上記3つの分析方法で相場の背景を読みながら、1日のトレードプランを組み立てていきます。

シナリオの描き方やトレードプラン構築方法

2月12日のような相場の場合には、
日足や4時間足では下落トレンドであっても日足プライスアクションで長い下ヒゲが確認でき、週末でポジションを調整したいトレーダーが多くいることがチャート背景から読むことができます。そういったチャートの裏で取引をしている人の心理を読みつつ、テクニカル分析をしていくことでより効果あるトレードプランを組み立てることができます。

買い方と売り方の両方の目線でチャート分析をして上位足で大まかなトレードプラン考えておき、あとは相場が思惑通りに動いてくればTachibana流ロジックで最終的な判断をして取引をしていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

たちばな社長の実践トレード記録

ドル円は日足レンジっぽい動き。こんな時は利幅を狙いすぎないように(実践トレード結果part50)
3631

ドル円は日足レンジっぽい動き。こんな時は利幅を狙いすぎないように(実践トレード結...

3月2日のロンドン時間からドル円は上値を目指す動きになりましたが、ニューヨーク時間で売られてきました。日足レンジ内の動きで買いも売りも考えられる状態なので、Tachibana流トレードを実践している方はスキャル中心のロジックで組み立てていく...
続きを読む

たちばな社長がFX商材検証して評価

ドルスキャワールドFXを検証
1237

ドルスキャワールドFXを検証

サイン通りの取引で勝率75.3%、1年間の収支+538万8850円を稼ぐドルスキャFXが販売されました。 株式会社金馬新聞が販売するドルスキャワールドFXですが、この会社は競馬や競艇などを予想する会社のようです。競馬や競艇をしない私からする...
続きを読む

便利なMT4インジケーター

トレンドラインや水平線ブレイクでアラートを鳴らすMT4インジケーター
1038

トレンドラインや水平線ブレイクでアラートを鳴らすMT4インジケーター

これは超便利!ラインブレイクを知らせるMT4インジケーター(Fxmt_Alert_Mail_Trendline.ex4)の紹介。ライントレードでは水平線やトレンドラインをよく利用しますが、チャートに描いた線にローソク足がタッチ(ブレイク)す...
続きを読む
Return Top