たちばな社長のトレード日記

たちばな社長のトレード日記

ワイドレンジ相場での稼ぎ方(スキャルピング&デイトレ手法の結果11)

ワイドレンジ相場での稼ぎ方(スキャルピング&デイトレ手法の結果11)

昨日はポンド円のワイドレンジのトレード戦略がハマり久々単発で20万越えの利益となりました。今回は私がワイドレンジだと判断したときにやっている実践的なトレード方法をご紹介します。

まずは12月11日のTachibana流スキャルピング&デイトレ手法の結果です。

FXで稼げる人気オススメのスキャルピング手法やデイトレード手法を紹介

6戦中4勝2敗 +24万8729円

11日もトレード回数はいつもより少なめの6回ですが、ポンド円のワイドレンジ戦略がはまり20万円越えの利益となりました。ただ、その後のユーロドルトレードについては、気の緩みからロジックとは関係ない場所でトレードをしてしまい見事にロスカット。
こういった一発で大きく利益がでた後はいつも以上に注意が必要だと反省。何年トレードをやって同じミスを繰り返しているのやら…

Tachibana流 実践的なワイドレンジ戦略

ポンド円4時間足の状況
ダウ理論やプライスアクションで稼ぐシンプルな戦略

4時間足の環境認識では下落トレンドから安値を更新しながらもみ合いで、現状では買いよりも売り圧力のほうが高いと判断をしています。

ポンド円1時間足の状況
上位足のワイドレンジでのトレード手法

ワイドレンジだと判断をしてトレードを仕掛けるのはS3もしくはR3からとなります。

その理由としては、S2やR2の場面ではサポートやレジスタンス根拠が薄いからです。特にR1ではレジスタンスラインを約40pipsブレイク後に売り込まれていて、R2の段階で売りで仕掛けるのはリスクが高すぎます。

12月11日のポンド円取引ではR3のレジスタンスと4時間足トレンド方向性の2つを根拠に売りで仕掛けています。

S3で同じように仕掛けてない理由としては、4時間足テクニカル分析では売りが優勢なのと直近安値をブレイクしていることから、リスクが高いと判断をしています。

ワイドレンジ相場で取引をするメリットとしては、リスクリワード比が優れているという事があげられます。

リスク管理と損切り、利益確定の計算方法

今回のケースではリスク1に対してリワード4~5で取引をすることができ、こういった期待値が高い状況でトレードを続けていれば確実に資金は増えていきます。

ぜひ似たようなワイドレンジ相場を見つけた時には練習をしてみてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

たちばな社長の実践トレード記録

ドル円は日足レンジっぽい動き。こんな時は利幅を狙いすぎないように(実践トレード結果part50)
3631

ドル円は日足レンジっぽい動き。こんな時は利幅を狙いすぎないように(実践トレード結...

3月2日のロンドン時間からドル円は上値を目指す動きになりましたが、ニューヨーク時間で売られてきました。日足レンジ内の動きで買いも売りも考えられる状態なので、Tachibana流トレードを実践している方はスキャル中心のロジックで組み立てていく...
続きを読む

たちばな社長がFX商材検証して評価

ドルスキャワールドFXを検証
1237

ドルスキャワールドFXを検証

サイン通りの取引で勝率75.3%、1年間の収支+538万8850円を稼ぐドルスキャFXが販売されました。 株式会社金馬新聞が販売するドルスキャワールドFXですが、この会社は競馬や競艇などを予想する会社のようです。競馬や競艇をしない私からする...
続きを読む

便利なMT4インジケーター

トレンドラインや水平線ブレイクでアラートを鳴らすMT4インジケーター
1038

トレンドラインや水平線ブレイクでアラートを鳴らすMT4インジケーター

これは超便利!ラインブレイクを知らせるMT4インジケーター(Fxmt_Alert_Mail_Trendline.ex4)の紹介。ライントレードでは水平線やトレンドラインをよく利用しますが、チャートに描いた線にローソク足がタッチ(ブレイク)す...
続きを読む
Return Top