たちばな社長のトレード日記

たちばな社長のトレード日記

橘龍二の自己紹介とトレード手法

橘龍二の自己紹介とトレード手法

はじめましてブログ管理者の橘龍二です。

元々は普通の会社員だったのですが、FXである程度の収益を出せるようになり1000万円の貯金を貯めて専業トレーダーとして独立⇒法人設立しました。

独立してから2年後に法人を設立してレバレッジで有利な法人口座を開設してトレードしています。

ただ初めから順調にFXで稼げたわけではありません!!

FXを始めて1年間は相場の本質も理解せず、何となくFX商材で紹介される手法や勘に頼ったトレードで数百万円単位の資金を失いました。

「このままではヤバい!」と思い、そこから自分独自のロジックを考えるようになり日々検証漬けとなりました。

私が最終的にたどり着いたTachibana流トレード手法は、全て自分の苦手とする弱点をどのように攻略していけばいいのかという視点から考えられています。

まず過去の私が相場で負けていた原因は以下の通りです。
・ルールを守らずエントリー根拠が曖昧。
・利益確定、損切りが遅れる。
・トレンド相場とレンジ相場を判断が曖昧。
・ポジポジ病で損失が出ると取り戻そうと熱くなりすぎる。
・メンタル面がとにかく弱い

いま上記内容を再確認してみると、本当にFXを始めた頃は才能すら感じられない平凡なダメダメトレーダーだったんだなぁと感じてしまいますね。

自分の負けやすいパターンを分析して考え出したのが、下のチャート設定です。

勝率が高くスキャルピングやデイトレード向きのTachibana流トレード手法

Tachibana流チャート設定では、スキャルピングやデイトレードで負けやすい方向感のないレンジ相場をいかに視覚的に判断しやすいかを考え構成しています。

これは自分の弱点でもあった、ポジポジ病やトレンド・レンジの判断が曖昧という事を見事に克服することができました。

私はこのチャートを使いスキャルピングやデイトレードをメインでやっていますが、毎月安定したパフォーマンスを出し続けることに成功しています。

何事もそうですが「原因があるから結果がある」という事ですね。

もしあなたがFXで負けているのであれば、そこには必ず何かしらの原因がありその原因を克服しない限りは勝ち続けることはできないという事です。

そういった当たり前なことほど人は見過ごしがちなので、根本からFXで稼げない理由を探すことが大切です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

たちばな社長の実践トレード記録

ドル円は日足レンジっぽい動き。こんな時は利幅を狙いすぎないように(実践トレード結果part50)
2866

ドル円は日足レンジっぽい動き。こんな時は利幅を狙いすぎないように(実践トレード結...

3月2日のロンドン時間からドル円は上値を目指す動きになりましたが、ニューヨーク時間で売られてきました。日足レンジ内の動きで買いも売りも考えられる状態なので、Tachibana流トレードを実践している方はスキャル中心のロジックで組み立てていく...
続きを読む

たちばな社長がFX商材検証して評価

トレンドディスカバリーFXを検証
85

トレンドディスカバリーFXを検証

過去にトレンドハンターFXを販売していた関野典良氏が、新FX商材「関野式・未来予測ロジック、トレンド・ディスカバリーFX」を公開。通貨の強弱を確認しながらフィボナッチ・ボリンジャーバンド・MACDを使用するトレードロジックになっています。 ...
続きを読む

便利なMT4インジケーター

トレンドラインや水平線ブレイクでアラートを鳴らすMT4インジケーター
40

トレンドラインや水平線ブレイクでアラートを鳴らすMT4インジケーター

これは超便利!ラインブレイクを知らせるMT4インジケーター(Fxmt_Alert_Mail_Trendline.ex4)の紹介。ライントレードでは水平線やトレンドラインをよく利用しますが、チャートに描いた線にローソク足がタッチ(ブレイク)す...
続きを読む
Return Top